UVケアを怠ると大変なことになりますよ!

日焼け 恐い

UVというものは、紫外線という英語の意味を持つ「ultraviolet」を略した単語で、日本の中でも馴染みのある単語として用いられています。

 
太陽光には、目視できる可視光線、熱のある赤外線、加えて視覚でもわからず熱も持たない紫外線の3種類の光があります。

 
赤外線と可視光線というのは太陽光の中で大半を占めており、紫外線は太陽光の5パーセント程度となっています。

 
紫外線に当たることでビタミンDを生み出したり、骨を強くしてくれるため、健康な体を維持するためには必須な光です。

 

老化の原因
しかしながら、紫外線を過度に吸収してしまうと、そばかすやシミや老化の原因となるため、注意しましょう。

 
また、UVの中には、A波・B波・C波と呼ばれる3つの種類の波長が存在し、人間に対して悪影響を与えるのはA波とB波の2種類と言われています。

 
C波は、オゾン層でブロックされるので地上には届きませんが、現代では地球全体の環境を考える際に、オゾン層の破壊が進んでおりその影響が心配されています。

 
過度に紫外線を吸収してしまうと通常よりも皮膚に血液が集まり、皮膚が赤くなって日焼けをします。

 
その後は、メラニン色素が増え、肌が黒くなることがよくあります。

 
日に焼ける度合いや症状は、個人ごとに肌質などで変わってきます。

 
日焼けに敏感に反応したり元の状態に戻るのが遅かったりすると皮膚がんを引き起こすこともあるため、症状が悪化しないよう注意しましょう。

 
紫外線を多く受けてしまう状況から逃れるためには、UV対策を徹底しましょう。

 
第一に、パッチテストを行った後で皮膚に負担のかからない日焼け止めをつけましょう。

 

日焼け止め対策
使う場所や時間帯などによって最適なUV防止用のアイテムも変わってきますが、帽子や腕カバー、日傘、サングラスなどが一般的に利用されています。