洗顔のやり過ぎは潤いをなくします!

–¼Ì–¢Ý’è-2

肌の組織というのは、表皮、真皮、皮下組織の三層で形成されています。

 
皮下組織と呼ばれるところは、肌の中でも一番奥にあり、外側からは手入れが行えないものです。

 
また、皮下脂肪を含んでいることによって、体温調節や体を保護する役割があります。
真皮はというと、皮下組織と表皮の間に位置し、その厚さは2?3ミリほどとされ、表皮よりも分厚いものです。

 
加えて、肌に潤いを与えるパーツとも知られていて、コラーゲンやヒアルロン酸などを含んでいます。

 
表皮というのは、肌の表面部分にあたり、自分で手入れをすることが簡単なパーツとなります。

 
表皮細胞だけでなく、メラニンを作ったり、アレルギーを予防したりなどの役割を担っています。

 
これは、約0.3ミリの厚みしかないので大変薄いもので、真皮よりははるかに薄いと言えます。

 
表皮細胞がどんどん新陳代謝を行うと、何枚もの層ができ、その一番外側に見られるものが角質なのです。

 

 

ビューティー03
肌をガードしたり、ごみなどが体内に入らないようにする役目を持っていて、肌の健康維持には大事な層だと言えるでしょう。

 
また、角質自体が肌の状態を示すことも多く、肌の潤いが十分ならば、古い角質が蓄積されていないということになります。

 
角質層というのは、細胞間脂質と天然の保湿成分を含むことにより、肌が求める水分を与え乾燥肌にならないように維持して、肌に潤いを与えます。

 
けれども、必要以上に紫外線を受けてしまったり、年をとるほどにこれらの成分が少なくなり、肌に異常が出たり、衰えをみせるようになります。

 
さらに、一日のうちに何回も洗顔してしまうことも肌への負担が増えますので止めたほうが良いでしょう。

 
肌に悪影響が及ばないくらいのお手入れや環境の工夫をすることで、角質の状態も良好になり、肌の潤いも守られます。

コメントを残す