UVケアを怠ると大変なことになりますよ!

日焼け 恐い

UVというものは、紫外線という英語の意味を持つ「ultraviolet」を略した単語で、日本の中でも馴染みのある単語として用いられています。

 
太陽光には、目視できる可視光線、熱のある赤外線、加えて視覚でもわからず熱も持たない紫外線の3種類の光があります。

 
赤外線と可視光線というのは太陽光の中で大半を占めており、紫外線は太陽光の5パーセント程度となっています。

 
紫外線に当たることでビタミンDを生み出したり、骨を強くしてくれるため、健康な体を維持するためには必須な光です。

 

老化の原因
しかしながら、紫外線を過度に吸収してしまうと、そばかすやシミや老化の原因となるため、注意しましょう。

 
また、UVの中には、A波・B波・C波と呼ばれる3つの種類の波長が存在し、人間に対して悪影響を与えるのはA波とB波の2種類と言われています。

 
C波は、オゾン層でブロックされるので地上には届きませんが、現代では地球全体の環境を考える際に、オゾン層の破壊が進んでおりその影響が心配されています。

 
過度に紫外線を吸収してしまうと通常よりも皮膚に血液が集まり、皮膚が赤くなって日焼けをします。

 
その後は、メラニン色素が増え、肌が黒くなることがよくあります。

 
日に焼ける度合いや症状は、個人ごとに肌質などで変わってきます。

 
日焼けに敏感に反応したり元の状態に戻るのが遅かったりすると皮膚がんを引き起こすこともあるため、症状が悪化しないよう注意しましょう。

 
紫外線を多く受けてしまう状況から逃れるためには、UV対策を徹底しましょう。

 
第一に、パッチテストを行った後で皮膚に負担のかからない日焼け止めをつけましょう。

 

日焼け止め対策
使う場所や時間帯などによって最適なUV防止用のアイテムも変わってきますが、帽子や腕カバー、日傘、サングラスなどが一般的に利用されています。

規則正しい生活習慣でお肌の状態をよく保とう!

nayami-woman03-1_l

潤いのある肌になるためには、いろいろな方法を挙げることができます。

 
肌は新陳代謝を重ねて、古いものが取り除かれ新しいものへと変わっていくのですが、その一方で、年を取るにつれ衰えていきます。

 
それに加えて、必要以上に顔を洗うことや紫外線をたくさん受けてしまうこと、不摂生な生活なども肌にダメージを与えます。

 
最終的に、肌から潤いが無くなり、肌のトラブルや乾燥を招きます。

 
肌に潤いを与えたい場合は、モイスチャー効果を維持することが効果的です。

 
自分の肌質に適している化粧品を正しく使用し、保湿を意識したケアを行います。

 
洗顔時には、洗顔料を専用のネットなどでしっかりと泡を作り、泡をクッションにして洗顔を行い丁寧に角質を取り除きます。

 

biyou01_l
泡もしっかり流したあとには、たっぷりの化粧水を顔につけ、保湿クリームや乳液なども利用して肌をカバーすることで水分が逃げていくことを防ぎます。

 
特に冬には肌も乾きやすくなりますので、ウイルスが体内に入るのを防ぐのみならず、保湿対策としても加湿を忘れないようにしましょう。

 
さらにまた、肌の具合を改善する食材もあると言われています。

 
肉類、魚類、青果という具合に種類に応じて含有されている成分はばらばらですが、コラーゲンやビタミンがたっぷりある食べ物を摂取すると良いでしょう。

 
逆に、加工食品及び不飽和脂肪酸が豊富な食材というのは、肌荒れや老化に影響すると言われていますので、控えめにすることが必要です。

 
その上、体が元気であれば肌も元気であると考えられていて栄養のバランスを考えた食生活が欠かせません。

 

copsel01_l
現在では、ビタミンやコラーゲンを効率よく摂取するためのサプリメントも売られています。

 
自分自身に必要なものを選択するようにし、パッケージなどに書かれている使用方法を読んで過剰な摂取は控えましょう。

 
ストレスを解消できないことや十分な睡眠時間が確保できていない状態も肌には良くありません。

 
規則正しい生活習慣も潤いのある肌を手に入れるコツと言えるでしょう。

 

また、最近では大人ニキビで悩んでいる方も多いようですね。

 

大人ニキビも規則正しい生活習慣で予防が出来ます。

 

ニキビに関することはこちらのサイトを参考に↓

ニキビを治す方法

洗顔のやり過ぎは潤いをなくします!

–¼Ì–¢Ý’è-2

肌の組織というのは、表皮、真皮、皮下組織の三層で形成されています。

 
皮下組織と呼ばれるところは、肌の中でも一番奥にあり、外側からは手入れが行えないものです。

 
また、皮下脂肪を含んでいることによって、体温調節や体を保護する役割があります。
真皮はというと、皮下組織と表皮の間に位置し、その厚さは2?3ミリほどとされ、表皮よりも分厚いものです。

 
加えて、肌に潤いを与えるパーツとも知られていて、コラーゲンやヒアルロン酸などを含んでいます。

 
表皮というのは、肌の表面部分にあたり、自分で手入れをすることが簡単なパーツとなります。

 
表皮細胞だけでなく、メラニンを作ったり、アレルギーを予防したりなどの役割を担っています。

 
これは、約0.3ミリの厚みしかないので大変薄いもので、真皮よりははるかに薄いと言えます。

 
表皮細胞がどんどん新陳代謝を行うと、何枚もの層ができ、その一番外側に見られるものが角質なのです。

 

 

ビューティー03
肌をガードしたり、ごみなどが体内に入らないようにする役目を持っていて、肌の健康維持には大事な層だと言えるでしょう。

 
また、角質自体が肌の状態を示すことも多く、肌の潤いが十分ならば、古い角質が蓄積されていないということになります。

 
角質層というのは、細胞間脂質と天然の保湿成分を含むことにより、肌が求める水分を与え乾燥肌にならないように維持して、肌に潤いを与えます。

 
けれども、必要以上に紫外線を受けてしまったり、年をとるほどにこれらの成分が少なくなり、肌に異常が出たり、衰えをみせるようになります。

 
さらに、一日のうちに何回も洗顔してしまうことも肌への負担が増えますので止めたほうが良いでしょう。

 
肌に悪影響が及ばないくらいのお手入れや環境の工夫をすることで、角質の状態も良好になり、肌の潤いも守られます。